2005年06月27日

データ流出のダメージが広がっている

前に「クレジットカード情報流出の影響」という記事を書いたけど、やはり影響はかなりあるようだ。

CNETJapanの記事「相次ぐデータ流出がオンラインサービスにダメージ--米調査」によれば、米国の調査会社ガートナーの調査。
市場調査会社Gartnerが米国時間23日に発表した調査によると、セキュリティへの懸念からウェブユーザーの75%はオンラインショッピングの際、どこで買い物するかについて以前よりも慎重になっており、また3人に1人は、これまでよりも買い物を控えているという。この調査は米国で5000人のネットユーザーを対象に実施された。


これは先日のカードデータ流出事故に関してだけではなく、
フィッシング詐欺の被害(同調査では240万人という!)などによる影響も大きい。

ネット上の詐欺は巧妙化しているし、
詐欺ではなくても、
巧妙な手口で不必要な物や情報を購入して
嫌な思いをしたというユーザーが増えていけば、
オンラインビジネス全体の信用が低下していく。


続きを読む


posted by 自游人 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

クレジットカード情報流出の影響

いつものアマゾンねたから離れるが、
先日アメリカの情報処理会社から、クレジットカード情報が流出した事件の影響が気になる。

Amazonのようなインターネット販売は
クレジットカードあっての便利さだ。
最近ではAmazon.co.jpでも代金引換が使えるようになって、クレジットカードがなくても買えるようになったが、マーケットプレイスの場合は、当然クレジットカードのみだ。

というより、Amazonマーケットプレイスの大きなメリットに
カード決済をAmazonが全部行ってくれることがある。

オークションのように買い手とのお金のやりとりがないし、
万が一の返金の手続きも簡単にできる。
15%+αの手数料を取られても、その便利さが大きい。

今回の事件はネット通販の伸びに影響があるのだろうか。
続きを読む
posted by 自游人 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。