2005年06月14日

文庫になってる本

仕事の途中でブックオフに立ち寄り。
駆け足で見て回ったが105円の本を4冊購入。

そのうちの1冊は、まだ新刊書店に平積みされている本。
しかも本の状態もいい。
ベストセラー物でも、新刊書店で平積みされてる間は
まだ「生きている」状態。

案の定、最低価格は定価の半額程度でまあまあ。残りのうち2冊は、まだ刊行されて1年も経っていなくて、
それなりに需要のありそうな「お金を儲ける」系の本。
これもそれぞれ最低価格数百円で出品。

1冊だけ、最低価格が100円を切っていた本があって、
これは出品を断念。
本の状態もよく、内容も面白そうなのだが、
文庫化されたばかりだった。本が出てから3年半くらい経っていた。

出版されてこれくらいの時期が
一番文庫になってる危険があるのは確かだ。

この本は自分でも読みたかったものなので、
損した気はしないが、要注意。

☆昨日(6/13)の売上☆
注文なし(悲しい)



posted by 自游人 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を出品する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。