2005年05月31日

アマゾン直営の古書店warehouse_deals_jpの行方

メルマガでも書いたが、Amazon自身がマーケットプレイスでの販売を始めた。
出品者名はwarehouse_deals_jpという。
昨晩の時点では5600点くらいの出品だったが、
現在では8000点近くに達している。
この調子だと明日には1万点か、、、

warehouse_deals_jpの出品者プロフィールは以下のようになっている。

Warehouse Dealsは、Amazon.com Int’l Sales, Inc.がマーケットプレイスに出品する際の別称であり、 Amazon.com グループの一部です。Warehouse Dealsは、返品された商品、軽微なキズのある商品等を、値引き価格でマーケットプレイスに出品しています。Warehouse Dealsが出品している商品については、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。


値付けは、本の状態と関係なく同じになっているのがすごい。
例えば「ダ・ヴィンチ・コード (上)」を見ると、
warehouse_deals_jpは「非常に良い」「良い」「可」で出品しているが、全て1,292円になっているのだ。

Amazonのマーケットプレイスに出品しませんか」のページで、「○○円で売れます」というのが出ているけれど、その価格が自動的に付くのだろう。

もし、自分の出品している本で、異常に安く値段が付いていたら?
即、買い取って自分の在庫にするのが得策かな。
しかし、同じ本の在庫を何点持っているのか分からないのが、ちょっと怖い。

さらに、読んでいない本なので、多少のキズがあっても中は新品同様のはず。
発送もおそらく24時間以内だろう。なかなか手強そうです。




posted by 自游人 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 本を出品する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マーケットプレイスの歩き方-最大の敵編
Excerpt: 自游人さんのブログをたまたま、見ていたら、弱小せどらーの最大の敵発見!!!warehouse_deals_jpことAmazon.co.jpだ。もう1万点に迫る出品数だという。アマゾン本体が、ジャンク本..
Weblog: ★Netでメークマネー★あれやこれや実践体験
Tracked: 2005-06-06 23:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。