2005年04月27日

新品とマーケットプレイスの価格差

今日はちょっと体調不良。
さっと終わらせてることにしよう。

ユーズド商品の出品価格を見ていて、
時々とても不思議なことがある。

新品の価格1575円(税込み)の本の
ユーズド商品が1200円以上で
出品されている場合があることだ。もちろんその本の状態は「新品同様」であるのだが、
アマゾンに新品を注文する場合1500円以上だと送料サービスだが、
マーケットプレイスでは送料340円が付く。

つまり価格1200円(税込み)で出品したとすると、
買い手は送料340円分を負担するから1540円となる。
これなら新品の方がいいと思わないかな?

もちろん価格の安い文庫や新書で、
近くの書店にはなく
どうしてもその1冊だけ欲しいなら話は違う。

新品が735円だとして、
1500円未満なので送料300円を取られて、
合計で1035円。
これなら500円くらいでの出品なら、
本の状態が良ければ、
500円+送料340円=840円だからお得感はある。

(明日に続く)
*メルマガが始まりました。
*ぜひ右上の登録フォームからアドレスを登録してください。
まぐまぐから配信されます。
posted by 自游人 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を出品する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。