2005年04月26日

アマゾンではどんなジャンルの本が売れるのか

今日は視点を変えて、
今まで売れた本の分野について考えてみる。

最初、なるべくひとつの分野に偏らないように、
色々なジャンルの本を選んで出品したが、
実際に売れた本はかなり傾向がはっきりしているようだ。

非常に動きのいい分野と
全くといっていいほど動かない分野がある。抜き出ているのはコンピュータ関連書
オンラインの本屋さんなのだから、
みんなコンピュータを使ってるので
当然関心が高い。

これは「想定の範囲内」というところか。
私の在庫にはコンピュータ関連書が多いので、
これは幸いなことだけれど。

逆に全く売れないのが、文芸書。
小説などは価格も低く設定してあるのに、動きなし。

意外に健闘しているのが学術専門書などのお堅い本。
物理学や文化人類学など、分野もいろいろ。
元々の価格が高いものが多く、売値もけっこういい。
買い手にとっても、定価が3千円以上5千円くらいの本だと
新品じゃなくてもいいから安く手に入れたいと思うものだ。

(また、明日!)

*具体的な書名・価格など詳しいデータはメルマガで公開します。
*次号のメルマガ配信予定は5/2です。
*ぜひ、右上の登録フォームにアドレスを入力して申し込んでください。
(メルマガは、まぐまぐから配信されます)
posted by 自游人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を出品する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。