2006年07月22日

悲しい現実

こんなに長い間放置していると、ネットの世界ではもう存在しないも同じ。
と思ったが、アクセス記録を見ると、毎日何百件という記録が残っている。

ありがたい、けれど、申し訳ない。

アマゾンのサイトは日々進化しているし、
マーケットプレイスの出品者も増え続けている。
でも、まだまだ情報は不足しているのかな、などと思ったりする。

私の現実はというと、この4カ月ほどほとんど新規の出品はしていないので、
売上げは減る一方。
出品冊数が200冊を割った頃から、ぐんと販売数が減って、
先月は月に30冊程度になったので、
プロマーチャント契約も止めた。

そうなると手数料が高くなるから、100円程度で売ると送料によっては足が出る。
200円以下の値しかつかないようなものは出品を止めることにして、在庫整理を実行した。
それでとうとう出品数は130冊前後に。

これも、1年以上売れていないものがほとんどだから、
回転の悪い物ばかりが残ったといえる。
仕入れなければ売れないに決まってる。

秋頃になれば少しは状況が変わるかもしれないが、
当分は細々と開店休業状態がつづくだろう。


posted by 自游人 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を出品する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。